株式会社UNICO(ユニコ)

三重県民限定のとっておきのキャンペーン、体験してみる?【2020年7月19日まで】

2020年07月02日(木)
はづき

広報企画部門はづき

赤福の朔日餅の販売再開が決定〜!

「私は○月が好きやけど、あんたは何月が好きなん?」なんていう世間話は、伊勢市民なら必ず交わしたことがあるはず。それが赤福の朔日餅です。

伊勢では毎月1日に伊勢神宮へお参りする「朔日参り」という風習があり、月の初めに早起きをして、ひと月を無事に過ごせたことを感謝し、新しい月の無事をお祈りします。

そんな朔日参りに来られた参拝客をお迎えするかのように、毎月1日には赤福が「朔日餅」を販売しています。

毎月早朝から長い行列ができるほど大人気で、それが名物でもありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、5月から販売休止になっていました。

誰もが納得の判断でしたが、5月のかしわ餅に6月の麦手餅、7月の竹流しも食べられないなんて…肩を落とした朔日餅販売休止の知らせ。

しかしこの度、販売再開されることになりました!!!

再開するのはファンも多い8月の「八朔粟餅」から。粟餅に黒糖餡が乗せられていて、粟の粒感と黒糖の風味が最高…!


赤福Webページより引用

当日は混雑を避けるため、前日午後5時から本店で時間を区切った整理券を配布されるほか、数量限定で事前予約も対応していただけるとのこと。伊勢市内の店舗では7月10日から、圏外と近鉄百貨店四日市店、EXPASA御在所店はすでに予約を受付中です。(ちなみに販売はいつもの時間、午前4時45分からを予定しています)

そんな赤福の嬉しいニュースに喜んだ三重県民の皆さま。現在伊勢で胸熱なキャンペーンが行われていることはご存知でしょうか?

三重県民限定のおもてなしキャンペーンとは

その名も、「おいない伊勢キャンペーン」!

伊勢観光協会が企画したもので、外出自粛に協力した県民への感謝を込めておもてなしをしたい!という思いのもと、三重県在住の方を対象に伊勢市内の旅館や飲食店などで、特典や割引などのサービスなどを受けることができるキャンペーンです。

伊勢市内53のお店が参加していて、宿泊・飲食・物販・施設の4つのジャンルに分かれ、ホテルや旅館では宿泊料が2割安くなったり、おみやげ屋さんではおまけが付いていたりなど、様々なサービスを受けることができるます。


公益社団法人 伊勢市観光協会webページより

松阪牛ステーキがお値打ちに頂けたり、ランチが半額になったり、地酒がサービスで頂けたり、あの忍者になれるテーマパークの入園料がとってもお得になっていたりと、どれを選ぼうか迷ってしまう…

※利用するためには三重県在住であるという証明できる身分証が必要です。
※キャンペーンのご利用には予約が必要な店舗もあります。必ずご確認を。

おいない伊勢キャンペーンは7月19日(日)まで!急げ〜!

詳しくはコチラ!

伊勢のお隣・鳥羽でも胸熱キャンペーンがスタート

ちなみに、お隣・鳥羽市では同じく三重県民限定の「Go Toまで待てない!キャンペーン」が始まりました。

こちらは8月頃から開始予定の国や県の観光キャンペーン「Go Toキャンペーン」に先駆けて鳥羽市が行うもので、三重県在住の方を対象に、鳥羽市の宿泊施設を利用できる1人当たりの宿泊料金を、最大5000円の割引クーポンが発行されるというもの。(ネーミングも最高)

クーポンの取得は、インターネット予約サイト(じゃらんnet、楽天トラベル)、または鳥羽市観光協会のサイトで行われます。

ちなみに鳥羽市観光協会サイトでの応募は7月5日まで受付し、抽選となります。じゃらんnetは7月8日から、楽天トラベルは7月13日から受付で、いずれも先着順となります。

鳥羽市観光協会によると「とりあえず、応募フォームにてお申し込みいただき、抽選に外れた場合は、8日・13日のじゃらん・楽天トラベルのクーポン獲得を狙いに行くのがベスト!」とのこと。(このわかりやすいアドバイス、とてもありがたい)

とりあえず!応募してみよう

通い慣れた街でも新たな魅力が発見できるかも

コロナ禍でまだまだ予断を許さない状況が続いています。それでも人々は前を向いています。今まで通りとはいきませんが、ウイズコロナの新しい生活様式における楽しみ方を見つけていきたいところ。

筆者は伊勢市在住ですが、このキャンペーンで改めて伊勢にはたくさんのお店があることを再確認。地元だからこそ、あまり縁のなかったお店を訪れて、また新たな地元の魅力を発見したいと思います。

三重県民のみなさん、まぁいっかい伊勢においない!鳥羽もええところやにー。

ページトップ

株式会社UNICOロゴ

SERVICE MENU