株式会社UNICO(ユニコ)

新型コロナウイルス関連で使える助成金や給付金7選【三重県版】

2020年05月20日(水)
くたー

ASO部くたー

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言、三重県では5月15日に全面解除されました。
しかし、三重県は、県独自の方針として、緊急事態宣言がすべての都道府県で解除されるまでの間は、密をさけ、マスク着用・消毒の徹底、県境をまたぐ移動を避ける「新しい生活様式」を取り入れた感染防止対策の徹底が呼びかけています。見えない敵との戦いが続く中、三重県、特にUNICOが本社を置く伊勢市は、観光業を営む事業者様も多く、休業による売上減少で経済的に苦しい状況がまだ続きそうです。
コロナ禍を乗り越えるためにと、政府・県・自治体から様々な支援策が発表されています。 
三重県において申請できる補助金・協力金をまとめましたので、ご活用いただければ幸いです。

現在申請できる補助金一覧(5/20)

①小規模事業者持続化補助金

中小企業生産性革命推進事業として実施している「小規模事業者持続化補助金」において、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を乗り越えるため、生産性向上に取り組む事業者向けに、補助金上限などを引き揚げた「コロナ特別対応型」が新たに設けられました。  
新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために、前向きな投資を行いながら、販路開拓などに取り組む事業者への重点的な支援を図ります。 

補助金名 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)
募集期間 第2回受付締切:令和2年6月5日(金)(郵送必着)
対象
  • 小規模事業者であること 
  • 「サプライチェーンの毀損への対応」「非対面型ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」のいずれか一つ以上の投資に取り組むこと
  • 持続的な経営に向けた経営計画を策定していること 
  • 受付締切日の前10カ月以内に、先行する受付締切回で採択・交付決定を受けて補助事業を実施した(している)者でないこと 
  • 申請にあたっては、地域の商工会議所・商工会へ「支援機関確認書(様式3)」(すべての事業者)の作成・交付を依頼する必要あり。 
上限 原則 100万円
補助率 2/3
窓口 お近くの商工会議所・商工会、または日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金事務局
備考 第2回受付以降も、複数回の締切が設けられる予定で、締切日は決定次第公表予定。
小規模事業者持続化補助金についてはユニコラムにて別途詳しく掲載中

②ものづくり補助金

中小企業生産性革命推進事業として実施中の「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)」において、新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために、生産性向上に取り組む事業者向けに、補助率等を引き揚げた「特別枠」が新たに設けられました。この特別枠では、補助率が1/2から2/3となり、優先的に支援されます。 

補助金名 ものづくり補助金(特別枠) 概要(PDF)
募集期間 第3次締切:令和2年6月申請開始~令和2年8月申請締切日
対象
  • 補助対象経費の6分の1以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であること
    ①サプライチェーンの毀損への対応
    ②非対面型ビジネスモデルへの転換
    ③テレワーク環境の整備
  • 事業計画書・賃金引き上げ計画の表明書、直近2年の決算書等、その他加点に必要な資料
上限 1,000万円
補助率 2/3
窓口 お近くの商工会議所・商工会、
または独立行政法人中小企業基盤整備機構企画部生産性革命推進事業室

③三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金(三重県版経営教条計画連携型) 

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う環境の変化に起因して、業況が悪化し、経営向上に師匠をきたしている中小企業・小規模事業者が、販路開拓や生産性向上などを目指して経営計画を策定し、実現に向けて取り組むことを支援します。

補助金名 三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金(三重県版経営教条計画連携型:第2回目)
募集期間 令和2年5月15日(金)~5月29日(金)消印有効まで
対象
  • 三重県版経営向上計画のステップ2またはステップ3の認定を受けている事業者(補助金の交付申請日において、認定申請が行われている事業者を含む) 
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降における最近1カ月間の売上高等が、前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月の売上高などが前年同期比で15%以上減少することが見込まれる事業
上限 ステップ2認定 50万円以内
ステップ3認定 100万以内
補助率 10/10
窓口 (公財)三重県産業支援センター 経営支援課 経営支援班

④三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金(市町協調事業) 

新型コロナウイルス感染症の拡大を阻止するため、三重県が行う緊急事態措置による休業要請・依頼に全面協力していただける中小企業・小規模企業(個人事業主含む)などに対して、県・市町が協力金を交付します。

補助金名 三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金(市町協調事業)
募集期間 令和2年4月27日(月)~令和2年5月22日(金)まで 
※先着順ではありません
対象
  • 緊急事態措置期間中(令和2年4月20日から5月6日まで)に休業、および夜間営業(20時から翌朝5時)の自粛期間中に「全面協力」いただくこと
  • 4月20日以前に開業しており、営業の実態がある事業者であること
上限 1事業者あたり一律50万円
窓口 三重県雇用経済部 休業要請相談窓口

⑤雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例) 

経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業・教育訓練、または出稿などを行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金などの一部を助成するものです。

補助金名 雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例) 
募集期間 令和2年4月1日(水)から令和2年6月30日(火)まで
対象
  • 中小企業であり、解雇などを行わず雇用を維持している場合
  • 新型インフルエンザ等対策特別措置法等に基づき、都道府県対策本部長が行う要請により、休業又は営業時間の短縮を求められた対象施設を運営する事業主であって、これに協力して休業などを行なっていること。
  • 以下のいずれかに格闘する手当てを支払っていること
    労働者の休業に対して100%の休業手当を支払っていること 
    上限額(8,330円)以上の休業手当を支払っていること(支払い率60%以上である場合に限る)
上限 1人1日あたり上限8,330円
窓口 お近くのハローワーク、または学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金コールセンター

⑥三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金(感染防止対策型) 

新型コロナウイルスの感染症の発生により、経営の安定が生じている圏内の中小企業・小規模起業が、感染リスクを抱えながら事業継続するために実施する感染防止対策(マスク・消毒液の購入など)を支援します。 

補助金名 三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金(感染防止対策型) チラシ(PDF)
募集期間 令和2年5月15日(金)から令和2年5月29日(火)まで
対象
  • 三重県内に主たる事業所を有する中小企業・小規模企業(個人事業主を含む)であること
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年4月の売り上げが、前年同月比で15%以上減少している事業者であること
  • 社会生活を維持する上で必要な施設を管理しており、一定の時間、直接の接触を伴う接客サービスを行うため、特に感染防止対策を必要とする事業者であること
上限 上限10万円(下限5万円)
補助率 10/10
窓口 三重県医療保険部 感染防止対策型補助金コールセンター

⑦IT導入補助金(C類型) 【5月29日まで受付停止中】

新型コロナウイルスの感染症が事業環境に与えた影響への対策及び拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援します。

補助金名 IT導入補助金(C類型) 
募集期間 令和2年5月22日以降
対象
  • 中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)
  • 小規模事業者
上限 上限450万円(下限30万円)
補助率 2/3以内
窓口 サービス等生産性向上IT導入支援事業 コールセンター

まとめ

他にも、新型コロナウイルスの影響で大幅な売上減少に見舞われる事業者に対し、1カ月あたり最大50万円(補助率2/3)の家賃補助をおこなう「特別家賃支援給付金」の支給が新たに行われる予定です。

今後、どのように調整されていくのか、申請の開始時期などはまだこれからですが、この制度もコロナ禍で影響をうけた事業者様の助けになってくれるのではないでしょうか。
緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ厳しい状況が続きますが、こういった政府の支援策、県独自の支援策を活用していただき、少しでも経営回復の機会に備えていただければと思います。 

 

※情報は2020年5月19日時点の三重県におけるものとなります。日々情報が刷新されておりますので、詳細は各問い合わせ先にてご確認をお願いします。

ページトップ

株式会社UNICOロゴ

SERVICE MENU