株式会社UNICO(ユニコ)

「MS ゴシック」「MS 明朝」を少しでも見栄え良く

2019年09月27日(金)
もりのこ

WEB部門もりのこ

それぞれの場合の見え方

「MS ゴシック / MS 明朝」のみ使用した場合

ゴシック部分は「MS ゴシック」、明朝部分は「MS 明朝」を使用し、それぞれのタイトルを「B(太字)」の機能で太くしています。
本文の日本語の部分は読みやすいですが、数字とアルファベットがきれいに見えません。また、タイトル部分は文字が大きく目立つため、漢字部分とかな部分とで字間がバラバラなのが気になります。さらに、「輩」の字が潰れて見えます。

「MS ゴシック / MS 明朝」のみ使用した見本

「MS Pゴシック / MS P明朝」のみ使用した場合

ゴシック部分は「MS Pゴシック」、明朝部分は「MS P明朝」を使用し、それぞれのタイトルを「B(太字)」の機能で太くしています。
数字とアルファベットはきれいに見えていますが、長文になる本文は、日本語の字間が詰まっていると読みにくくなってしまいます。ただ、タイトル部分は、漢字とかな部分での字間が均等になるため、きれいに見えます。

「MS P ゴシック / MS P明朝」のみ使用した見本

最適なフォントを使用した場合

タイトルを「HG PゴシックE / HG P明朝E」、本文の日本語を「MS ゴシック / MS 明朝」、本文英数字を「MS Pゴシック / MS P明朝」、セル内に収まっていない表タイトルを「MS UI Gothic」にそれぞれ設定。「MS ゴシック / MS 明朝」のみ、「MS Pゴシック / MS P明朝」のみの場合と比べて、見やすくなっています。
さらにタイトル部分では、Wordの設定を変更し、字間を広げています。タイトルでは、プロポーショナルフォントを使用した上で字間を広げる設定にすると、字間が均等に広がるためきれいに見えます。

最適なフォントを使用した見本

以上のことに気をつけて書類を作ると、MS 明朝、MS ゴシックを使用していてもきれいで見やすい書類が出来ると思いますので、ぜひ実践してみてください。

ページトップ

株式会社UNICOロゴ

SERVICE MENU