株式会社UNICO(ユニコ)

絶景!大台ヶ原の大蛇嵓と紅葉&キャンプ飯【和佐又山キャンプ場】

2019年11月20日(水)
くたー

ASO部くたー

和佐又から大台ヶ原まで車で50分

和佐又山キャンプ場から大台ヶ原ビジターセンターまでは自動車で50分程度。
標高が1000mを超えているため、紅葉は今まさに見頃!という感じ。

車で上って行くにつれ良い色合いになってきます。

途中ライダーの方々とすれ違いながらビジターセンターに到着!
正午を過ぎていたため近くの食事処でお昼を取ります。

大台ヶ原散策コースは4コース!

転載:上北山村WEBサイト
公式サイトに大蛇嵓へは往復4時間程度の周遊コースが書かれていますが、今回は最短で大蛇嵓に行って戻ってこれるよう、往路復路とも同じルートを使います。

さていよいよ大蛇嵓(だいじゃぐら)へ向けて移動開始!

自分はカメラ班と言うことで全ての荷物は相方に託します。

途中にある「シオカラ吊橋」
下に川が流れていますが、おそらくここも標高1000m超えているのに水の量が多い…。さすが降雨量日本一になったことがあるだけの事はあります。

登山道のため平地が少なく、拓けたところは休憩する人が大勢。

さらに進むこと数十分。いよいよ何かが見えてきそうな景色に!

この木造の足場を見るだけで足が竦みますが、これを超えないと大台ヶ原一の絶景を見ることできません。

写真で見るとさほど傾斜が無いように見えますが、実際はものすごい傾斜があります。
ずるっと滑ったらそのまま奈落の底へ行ってしまう可能性あり。

そして崖っぷちから見える絶景がこちら!
なんでこんな突起になったのか不思議。そしてこんな険しい場所に、なぜモミジやら銀杏からが生えているのか…。

当日は少し曇りだったのですが、大蛇嵓に到着したころには晴れ模様に変わっていました。
無事絶景スポットを見ることができたので、小休憩を挟んで帰路につきます。

雨が多いため晴天の日はまずないのだとか。
帰路も淡々と歩いて2時間程度。ビジターセンターに到着した頃には16時を過ぎていたため、早々に車に乗り込みます。

ページトップ

株式会社UNICOロゴ

SERVICE MENU