株式会社UNICO(ユニコ)

伊勢志摩サミットの 影響はありますか!?

2016年05月10日(火) 冊子掲載
asamint

広報企画部門asamint

伊勢志摩サミット

伊勢志摩サミット経済効果は? 1071億円試算の実態

いよいよ伊勢志摩サミットの開催まで、一ヶ月を切りました。伊勢志摩サミットの経済効果は、洞爺湖サミットの10倍以上とも言われていますが、経済効果とは何を指すのでしょうか。

経済効果の中には、道路や関連施設の整備・新設事業、会場賃貸料などの不動産収入、メディアでの宣伝効果、観光客数、企業の誘致や投資額など増加が期待される様々な推測値が含まれます。試算する主体によって異なり莫大な関連支出もあるため経済効果の実態把握は、容易ではありません。しかし三重県が発表した中間試算によると、直接的な経済効果は、県内で約480億円、県外を含む全国では約1071億円あるとされています。

元々三重県は伊勢神宮をはじめ多くの観光資源があり、日本の中ではある程度認知されていますが、訪日外国人の観光消費額から見ると、全国28位にしか過ぎません。そのためサミット後の国際的な宣伝効果による知名度アップを期待する声が多く聞かれます。百五経済研究所によると、開催後5年累計で地元に1110億円もの経済効果があると試算されています。

志摩市内を周遊しても みかけるのは観光客ではなく…

しかしながら、実際に近隣地域を車で周ると、目に留まるのは観光客より県外ナンバーの警察車両ばかり。地元民からすると、現時点ではニュースを賑わす程の経済効果が、本当に期待できるのか疑問に感じるほど。

そこで我々取材部は、地元で活躍されている企業にご協力いただき、生の声を伺いました。

横山展望台
横山展望台。観光客は多いように感じられるが……

メディアへの露出が格段に増加新規顧客獲得につながっている

実際に取材をしてみると、意外な?答えが返ってきました。

「目に見える経済効果ですか?売り上げに直結しているかどうかは別にして、メディアの取材は増えてます。」
「うちのお店はおかげさまで観光客の方も、地元の方も増えていますね。メディアからの取材も50件以上ありましたよ。」

事前に聞いていた噂では、経済効果を疑う声も聞かれましたが、実際にはメディアへの露出が増えたことで、新規顧客につながった、県外からも問い合わせがくるようになったという話を伺うことができました。全国区のメディアへの露出を費用に換算すると、確かに経済効果は大いにあるのかもしれません。現段階で目に見える売り上げはなくても、まずは第一段階「認知度アップ」にサミットは確かに貢献してくれているようです。

サミットをチャンスに変える その「差」とは何か?

けれど、すべての店舗が効果を享受しているかといえば、そうではありません。注目される店とそうでない店、両者の差はどこにあるのでしょうか。

メディア受けがいい企業に共通していることは、これまでもずっと努力をし続けてきているというところです。「地元産の食材へのこだわり」「味」「旬の食材でおもてなし」「安全安心な食への取り組み」など、少し話を伺うだけで、更にその先を聞きたくなるネタが満載です。

少しだけ意地悪な質問をぶつけてみました。「逆に周りにいる「効果がない」と言っているお店に足りないものは何だと思いますか。」と。これに対し「努力…でしょうか?」と何とも明瞭な返事です。

「人が来れば、お金が動くという時代は終わりました。今は何の努力もせず待つだけでは駄目です。」

なるほど、交通手段も発達し選択肢が増えている今、欲しいものがなければ買わないというのは当然のこと。店主は続けます。

「飲食店舗において美味しいのは当たりまえ、評価への影響は3割くらいです。あとの7割はお店や町の雰囲気、おもてなし、新商品への取り組みといった全てのものがジャッジされていると感じます。」

まずはメディアの力を借りて認知され、お越しいただいたお客様に満足いくおもてなしをする。それがお店のファンを作り、一度きりではないリピーターにつながっていくのです。

今からでもできる取り組みは?

今、売れている商品のキーワードは「地元産」「真珠」「サミット記念」など。努力するのに遅すぎるということはありません。新しい取り組みに対する補助金等も多く出ています。

モノづくり、コトづくりに迷ったら、お気軽ににご相談ください。

ページトップ

株式会社UNICOロゴ

SERVICE MENU